憧れの土木女子!求人や実際の就職事情を調査

誰でも働くことができる

>

就職やキャリアアップに有効的

技術士の資格がほしい

土木系の仕事をするなら、技術士の資格を得ましょう。
技術士にはいくつかの部門がありますが、特に有利に働くのは建設系です。
間違えないで、資格の勉強を始めてください。
建設系の技術士の資格があると、工事の計画や調査、研究や設計など様々な事柄の指導ができるようになります。

専門性の高い資格で、この資格を持っているとたくさんの経験を重ねられるので、キャリアアップにも良い効果を発揮します。
技術士になるためには、まずは一次審査を合格し、登録された人が技術士補佐になれます。
そして二次試験を合格できた人だけが、技術士を名乗れると覚えておきましょう。
資格の勉強をする際は通信講座を使うと、自宅でも効率良く勉強できるのでおすすめです。

みんなをまとめる立場

トンネルやダムなど規模が大きく、高度な知識を必要とする工事は土木施工管理技士の存在が必要不可欠です。
土木施工管理技士がみんなをまとめ、指示を出しながら工事を進めるリーダーになると忘れないでください。
この資格は1級と2級があり、1級を持っていると大抵の工事に携わることができます。
ずっと土木系の仕事を続け、キャリアアップしたいなら1級を獲得することを目標にしましょう。
ただ1級は2級よりも、試験内容が難しくなります。

最初は土木施工管理技士の2級の資格を獲得し、仕事をしながら1級の勉強を進めても良いですね。
参考書を読むだけでは、わからないことがあります。
現場に出て理解できることがあるので、どんどん仕事に臨んでください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る