オフィスチェアとの違いは何?ゲーミングチェアの選び方8選

ゲーミングチェアは人気のブランドがたくさんあり、どれを選べばいいのかわからないと思います。

自分にぴったりの椅子を選べば体が疲れる事なくゲームはもちろんデスクワークを使うことができます。

どんな物を選べばいいのか選び方8つを紹介します。

オフィスチェアとの違いは何?

オフィスチェアとゲーミングチェアとの違いに付いては、共通の定義はないため名前が異なるというだけの場合もあります。

一般的にアームレストや長時間座っても疲れにくい形状になるなどゲームをしやすい設計になっていることをゲーミングチェアといいます。

参考ページ→「おすすめのゲーミングチェア ベスト4選」

ゲーミングチェアの選び方

素材

素材には通気性のいいファブリックと合成皮革の2種類があります。

ゲームは長時間座り続けてするため蒸れが気になるところです。

レザーの場合は空気を通す素材ではないため、特に夏場に関しては汗かきの人だと汗が溜まるため、不快に感じることもります。

ファブリックだと通気性がいいため、レザーと比べて蒸れることもないですし、価格が低いため費用を抑えることもできます。

ですが、レザーと比べると耐久性がやや劣ってしまうということもあります。

PUレザーはファブリック生地に比べて高級感があり、耐久性もあります。

もし飲み物をこぼしてしまったとしても、レザーなのてさっと拭くことができますし、お手入れ楽ちんです。

ですがファブリック生地よりも価格か高くなることや夏場に蒸れやすいというデメリットもあります。

サイズ感

ゲーミングチェアといっても形やサイズは様々で、身長が180cm以上の人と150cm程の方では椅子に座った時に快適に感じるサイズ感は全く違います。

自分の体にあったゲーミングチェアを選ぶことが大切で、背が低い方だとサイズによっては座面を1番低く設定していても床に足がつかないということもあります。

浅く腰をかけて座るのか深く腰掛けるのかでも全く違います。

体格と好みの座り方に合わせてサイズを選ぶといいです。

背もたれの高さ

背もたれの高さは高いものをハイパック、低いものをローパックといい、身長が高い方はハイパックがおすすめです。

ハイパックの椅子は体全体を包み込んでくれるような安定感があり、座り心地がいいと評判を呼んでおり、肩こりや腰痛がある方にもおすすめです。

アームレストの上下昇降の有無

これは肘掛のことで、ゲームをする時は腕もしくは手首を固定してプレイすることができます。

固定式であっても好みの高さに合わせてしまえば問題はありませんが、全てのアームレストが高さ調整をできるわけではありません。

また上下昇降機能がついていれば、使わない時は下げて机の下に入れることもできるため、細かく調節がしたい方は上下だけでなく前後に動かせるアームレストもあるので、それを選ぶのがおすすめです。

リクライニングの角度

快適にゲームもしくはデスクワークをする時、休憩する時は背もたれを倒すことができます。

ゲーミングチェアによっては数段階の調節機能があるものから、無断階で調節出来るものもあり、座るだけでなく仮眠を取りたい時にも好みの背もたれの所まで倒せるのはいいです。

またロッキング機能と言われるものもあり、もたれた時に椅子ではなく背もたれだけが動いたり倒れたりくる機能を搭載しているものもあり、座ったまま伸びをしたり簡単なストレッチをする事もできます。

ヘッドレストの有無

ゲーミングチェアは背もたれが長く首の位置まである物がほとんどなのがヘッドレストがついている物がほとんどです。

頭の重さはかなり重たいので、ヘッドレストが付いていると筋肉の負担を減らす事ができます。

特に体を20度以上傾けて作業をする時にはヘッドレストは必要で、ゲーミングチェアで仮眠を撮る方もヘッドレストがあるだけで快適に休む事ができます。

ランバーサポートの有無

ランバーサポートというのは腰の部分についているクッションのことをいいます。

背もたれに持たれた時に背中と背もたれの間があいてしんどい思いをしたり、腰を炒めたりする時があります。

ランバーサポートがあれば腰の負担を無くし、正しい姿勢をサポートできるような役割があります。

ランバーサポートを使うと椅子に長時間座っても疲れが軽減しますし、腰痛に悩んでいる方にもおすすめです。

オットマン

オットマンは足置きのことで、背もたれがない椅子の形をしているものです。

ゲーミングチェアに座ったまま足を伸ばしてオットマンに足を乗せることができるので、長座のような体勢でリラックスすることができます。

身長が高い方なら特にリクライニングを使う時に便利ですし、製品によっては降りたたみ式のオットマンが付属しているものもあります。

折りたたみの場合使わない時に収納場所を確保しなくて済みますし、別で購入する必要もないので、おすすめです。

まとめ

ゲーミングチェアには色んな種類があります。

素材なのかアームレストなのかリクライニングなのかどれを重視するかによって、購入するゲーミングチェアは全く違います。

もちろん身長の違いもありますが、参考にしながらピッタリのものを選んでみてください。